乾燥肌をつくっているのはクレンジング


肌断食 挫折

乾燥肌を改善するためにいろいろな化粧品を試したけれど、なかなか改善されずに困っている方は、クレンジングを見直してみることをおすすめします。 実はクレンジングは肌に最もよくないケアです。 このまま間違ったクレンジングを続けていると、肌の乾燥はどんどん進行していくばかりです。


クレンジングがなぜ肌に悪いかのかというと、肌を傷つける3つの大きな害があるからです。


クレンジングの3つの害

擦る害

メイクを落とそうとして肌を擦ったり、クレンジングでマッサージしたりと肌を必要以上に擦ると、肌のバリア力がなくなってしまい肌は乾燥しやすくなってしまいます。


界面活性剤の害

クレンジングには、メイクをきれいに落とすためにたくさんの界面活性剤が入っています。
この界面活性剤は、タンパク質にくっつく性質があるので、メイクだけではなく肌にもくっついてしまいます。
肌にくっついた界面活性剤はじわじわと肌の角質を壊していき、皮膚の中に侵入して肌バリアを壊してしまいます。
肌のバリアが壊れると、バリアに守られていた肌の中の保湿成分がどんどん蒸発してしまい、肌をどんどん乾燥させます。


W洗顔の害

ほとんどの方がクレンジングの後にW洗顔をしていると思いますが、洗顔料にも界面活性剤が含まれていますので、さらに肌に界面活性剤がつくことになります。
また、水やお湯にもそれだけで洗浄力がありますので、何度も洗い流すことで肌を守る皮脂がどんどん洗い流されていって乾燥肌を進行させます。


このように、クレンジングには肌を乾燥させる危険な要素がたくさん潜んでいるのです。

メイク落ちだけでクレンジングを選んでいたらいつまでたっても乾燥肌は改善しません。



乾燥肌ならクレンジングとメイクを見直そう


乾燥肌に悩んでいるなら、化粧水や乳液などよりも先にクレンジングを見直すべきです。

そして、クレンジングを見なすことはメイクを見直すことにもつながります

今までは、使っているメイクをきれいに落とせるクレンジングを選んでいたかもしれませんが、それだと、上述したように乾燥肌はいつまでたっても改善しません。

先に肌にダメージを与えにくいクレンジングを選んでから、そのクレンジングで落とせるメイク用品にと徐々に移行していくことをおすすめします。


【おすすめはこちら】

皮膚科採用のミネラルファンデ★下地とブラシがセットで40%OFF!!


乾燥肌が選ぶべきクレンジング


それでは、乾燥肌の人が選ぶべきクレンジングの特徴をみていきましょう。


乾燥肌が選ぶべきクレンジングの特徴

1
擦らなくてもいいもの

肌にのばす時に肌を傷つけないように、弱い力でもスルスルとのばせる柔らかいものを選んでください。


2
界面活性剤が残りにくいもの

洗浄力の強いものは界面活性剤がたくさん使われており、肌に残りやすいです。
界面活性剤が残りにくいのは、メイクを浮かすだけのクリーム系のクレンジングです。


3
洗い流せるもの

クリーム系のクレンジングは最後に拭き取るものが多いですが、拭き取る時に肌を擦って傷つける恐れがあります。 洗い流して落とせるものを選びましょう。


4
W洗顔が必要ないもの

W洗顔はさらに肌にダメージを与えてしまうので、乾燥肌の人はW洗顔をする必要のないものを選びましょう。



この4つの条件をすべてクリアしているのが
サッポーのクレンジングです。

サッポーのクレンジングの特徴


1柔らかいクリーム状で擦らない

2界面活性剤が残らない

3洗い流して落とせる

4W洗顔はしなくてOK

結果

乾燥肌から脱出!


乾燥肌が改善すれば、見た目も若々しくなって、人と会うのが楽しみに!

今なら約1ヶ月分が半額以下で試せます!